本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.06-6363-3310
受付:月〜金曜日 午前9時〜午後6時

〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階

     江村智禎     小久保哲郎      小山操子

弁護士 鈴木節男

                   
経歴   鈴木節男
1967年 広島市生まれ
1986年 広島市立基町高等学校卒業
1995年 大阪大学文学部中退
1999年 司法試験合格
2000年 司法修習生(54期)
2001年
10月
大阪弁護士会登録、久保井総合法律事務所に入所  
2014年 あかり法律事務所入所  
 
弁護士会その他の活動
近畿弁護士会連合会 人権擁護委員会
大阪弁護士会 人権擁護委員会 副委員長(第8部会担当)
大阪弁護士会 司法委員会23条小委員会
  貧困・生活再建問題対策本部
 
著書・論文など
「債権保全・回収と倒産手続のはなし」共著 [UFJ総合研究所]
「会社設立と増資の手引」共著 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング]
「金融機関からの質問に弁護士が答える 預金拘束実務Q&A」[銀行法務21755]
Q&A生活保護利用者をめぐる法律相談 共著 [新日本法規]
生活保護と扶養義務 共編著 [民事法研究会]
大阪市の生活保護でいま、なにが起きているのか 共編著 [かもがわ出版]
 
ひとこと
「自己責任」という言葉があります。これは、実質的機会の平等が保障され、対等な力関係にあるものの間でしか通用しない理屈です。今はやりの強者による「自己責任」論は、単なる「弱い者いじめ」あるいは「見て見ぬふり」にすぎません。私は、このような「弱い者いじめ」「見て見ぬふり」を許さない。そういう弁護士でありたいと考えています。